妊娠と不正出血

不正出血があるとまず不安になるのは子宮ガンなどの病気が脳裏をよぎるかもしれません。

でもね。
まずは着床出血=妊娠の可能性を疑うべきでしょう。

着床出血とは

着床出血とは受精卵が子宮内膜の中へ潜り込むときに起こる現象で、少量の出血を伴います。着床出血が起こるのは、排卵日から数えて約1週間後で、茶色いおりものの形で現れます。

月経予定日の頃に着床出血は起こるので、月経と間違えることもあります。

着床出血の場合、妊娠の疑いがあります。

着床する上で生理的な現象なので、病気や受精卵や胎児の異常ではないので、心配する必要はありません。 ただし、月経時期に高温期が続いていて出血・下腹部痛がある場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。
普段から基礎体温を測り、体調の変化に気をつけることが大切です。

この時期の出血には流産や子宮外妊娠の可能性も十分ありえるからです。
それまでに何かしら調子が悪くても、気づかないときが多いものです。
そして、妊娠していることを認識できるようにしておきましょう。

タグ:不正出血 妊娠
子宮頸部がん・パピローマウイルス検査セット 子宮頸部がん・パピローマウイルス検査セット
女性のための入院保険「フェミニーヌ」 不正出血.com

女性のための入院保険「フェミニーヌ」
■女性のための入院保険「フェミニーヌ」
◇損保ジャパンひまわり生命◇
■3年ごとに15万円のボーナスがもらえてうれしい女性のための入院保険
子宮筋腫など女性が気になる病気だけでなく、3年毎に15万円のボーナスが うれしい女性限定の入院保険です。
15万円のボーナスは、入院してもしなくてももらえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。